いせや呉服店グループ リクルート2019

伝えたい美しいきもの文化‥
残したい写真の大切さ‥

日本の伝統文化「きもの」
そして、それを形に残す「写真」を通じてお客様に感動を届ける
トータルアニバーサリーカンパニーを目指します。

“kandou” company

感動創造企業へ

1875年(明治8年)創業の、地域密着型きもの専門店です。きもの・写真を通じて、お客様の感動と思い出をプロデュースします!

いせやが求めるのは「明るく元気で素直な人」。テクニック・技術は一切不要。大事なのは、やる気、向上心、成長意欲。お客様のことをよく考えられる人であること。そして何より「着物や写真に興味がある」人であることです!

kimono

いせや呉服店のコアコンピタンス

コアコンピタンスの元もと、絶対的安定企業を目指す!
「ヒト」「モノ」「コト」を中心とした事業戦略で、右肩上がりの伸びを実現しています。

Introduction Division

呉服店の仕事内容

「マニュアルではなく温かみ」のあるきのも事業部、「技術ではなく人柄」のフォトスタジオ事業部をご紹介いたします。

「あなたに選んでもらって良かった」
という一言が明日へのパワーの源

Message

会社の経営には無限の可能性があります。
次のステージを共に築きませんか

『いせや呉服店』は1875(明治8)年以来、140年以上にわたって埼玉県深谷市に根差してきた呉服屋です。2016年に新しい事業形態である振袖専門ショップ「First Collection」もオープンし、今では県内各地に6店舗を構えるまでになりました。10年ほど前には、七五三や成人式といった人生の節目の記念撮影を手がける「フォトスタジオこまち」をオープンさせました。フォトスタジオの事業は毎年10%のペースで成長しています。学生のみなさんは、呉服に成長業界のイメージはないかもしれません。しかし、私たちはこのところ右肩上がりの成長を続けています。というのも、私達の事業の柱は「呉服」「振袖(ふりそで)」「フォトスタジオ」ですが、呉服業界でもこの三つにきちんと取り組んでいる企業はほとんどないからです。長い歴史の基盤の上で、新しいことに貧欲に取り組み続けていること。これが当社の強みなのです。

可能性が広がるかどうかは、結局「人」次第だと思います。成長するためには人が必要。人がいれば会社も成長できる。そのような考えのもと、会社の新たな成長期を共に作りたいと思っています。いせや呉服店は、「共に学び、共に成長、共に勝つ」が経営者と社員のキャッチフレーズです。全員が一生懸命学び、それが成長へとつながるのです。